「内臓脂肪がストン!と落ちる食事術」でダイエットを始めてみた!

ダイエットをしようと思ったきっかけ

宣言します。今の私は肥満です。

私は現在51歳、身長165cm、体重78kgでしっかり肥満です。

この10年ほどの間、良くも悪くも安定しています。

これでも大学卒業当時は58kgでした。ということは20kg増量!!!

そんな感じなのでやっぱり毎年夏場は体型を気にしますね~。

特にお腹まわりが目立ちますからね。

 

これまで何年もお正月には”今年は痩せるぞ!”と意気込むのですが、本気でダイエットに取り組んだ

ことはありませんでした。

ではなぜ今か...。

 

他のページで投稿していますが、昨年(2018年)に不整脈の悪化により手術を受けたことで、

健康を意識してダイエットに取り組まなければと思うようになったことと、やっぱり見た目が

気になるというのもあって...。

もっと早くから意識を変えて取り組んでいれば良かったんですけどね。

 

今なぜやる気になったか。

先日、以前から気になっていた「トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ」を

読んでみました。

そこに書かれていたことは、今までダイエットに関して常識的に言われていることを覆すもの

でした。

 

・カロリー過多が肥満の原因ではない。

・運動は大して効果がない。

etc

 

にわかに信じがたい感じもありましたが、書かれている内容が数々の実験結果をもとにしている

ことや、納得できる解説がされており”なるほど”と思える内容ばかりでした。。

 

ただ「トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ」で紹介されていた断食のやり方は、

いきなりはきついかなと思ったので、何か他に食事の内容についてもう少し具体的に記してあり、

スローにスタートできるものはないかと探して見つけたのが、

「内臓脂肪がストン!と落ちる食事術」です。

こちらの著書も今年発売になったばかりのものです。

「トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ」を踏襲しているとも思える内容で、

糖質制限をすることと合わせ、朝食を摂らない1日2食の食事法です。

※1日3食のプランも紹介されています。

何パターンかが記されていたのと、ブックカバーの裏側にいろいろな食べ物の糖質量のデータが

印刷されていて、自分の食事を考える際にとても参考になります。

 

最初のダイエットのプランは?

「内臓脂肪がストン!と落ちる食事術」で書かれている食事術とは、糖質制限と朝食抜きの1日2食の

食事法です。糖質制限については「トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ」でも、

書かれていた内容です。

 

実際に実施しようと決めた内容

生ぬるいと言われてしまうかもしれませんが、以下の内容で様子をみながら始めてみることに

しました。

 

①月曜日から金曜日まで(会社で仕事)は、朝は食事と摂らず、ブラックコーヒー1杯。

②月曜日から金曜日まで(会社で仕事)は、昼食は会社の食堂で、定食のおかずと味噌汁か、

 小鉢3つと味噌汁。(ご飯類、麺類は摂らない)

③どうしても空腹を感じるときは、写真のナッツ類を少し食べる。(写真)

  (糖質が少ない)

④夕飯はご飯を食べても良しとするが、量は今までの半分(ご飯茶碗半分弱)にする。

⑤甘い物は我慢。厳密に食べてはだめとはしないが、徹底的に控える。

⑥お酒は焼酎に。缶チューハイは人工甘味料が入っているのでやめる。

⑦土日は朝食は摂っても良しとする。ただし糖質には注意する。

⑧1日に取る糖質量の目安は100gとする。

 

さてどこまで頑張れるか。

慣れるまでは辛いかもしれませんね。

上記の他にも、飲むヨーグルト(明治のR-1)をやめて、豆乳へ変更しました。

ヨーグルトは良い食品ではありますが、甘いヨーグルトは果糖ぶどう糖液糖が入っています。

習慣のように食していたものは、見直して糖質の少ないものに置き換えていくといいですね。

ストイックになり過ぎない程度にと思ってもいるのですが、実際にやり始めると結構意識する

ものです。

 

スタート時のデータ

ダイエット開始日:2019年8月19日

開始時の体重:77.7kg

毎日データを取って、1週間おき程度でデータをアップしていきます。

 

来年の夏は、30年前のスリムな体型に戻って沖縄へ行きたいと思います。