いい感じ!内臓脂肪がストンと落ちる食事術!

1ヵ月間のダイエット結果の報告!

8月のお盆休み明けから開始した”プチ断食”と軽い”糖質制限”のダイエット。

思いのほか順調です。今回は1ヵ月後の状況を報告します。

 

ダイエットをしようと思ったきっかけ

そもそもなぜダイエットをしようと思ったか。

 

今まで本気でダイエットに取り組んではいなかったのですが、

ダイエットをしようと思ったきっかけは、見るからにメタボ体型だし、昨年せっかく不整脈の

手術をしたのだから、ちゃんと健康を維持していかないと、早死にしてしまうかもしれないと

思うようになったからです。

 

やっぱり太っていると心臓に負担かけてしまいますよね。

かかりつけのクリニックの医師からも常々言われていた言葉。

「痩せましょう」

 

それでもなかなか本気になれなかったのですが、8月のお盆休みのときに

以前から気になっていたダイエットに関する2冊の本を読んだことが、気持ちを前向きに

させてくれたと思います。

本の内容は、今までダイエットでえは常識的に言われてきたことが、ことごとく覆させられる

内容だったのですが、妙に腑に落ち、

「へえー、そういうことか」と納得でき、太るしくみについてよく理解できるものでした。

 

本に書かれていたやり方なら自分でもできそうかなと思ったので、軽めにチャレンジしてみようと

思い、取り組み始めたのが8月19日です。

 

どうやっているのか

私が1ヵ月間実施してきた内容と、気をつけていたことを記しておきますね。

本を読んだからと言って、カッチカチにあれこれ決めてはいません。

ストイックになれる気もしなかったので、とてもラフです。

それでも体重が減りました。事実です。

効果があるんだなあ...というのが実感です。

それでは私がやってきた内容をお伝えします。

★基本的な考え方★

・平日(月~金曜日)は、朝ごはん抜き、コーヒー1杯だけ。

・昼食は会社の食堂。定食などのおかずを摂り、白米は食べない。パンもしかり。

・間食はしない。甘いものも控える。

・夕飯はご飯もの、麺類も食べていいが、今までの半分程度の量に。

・土日の朝、家族との食事は、ご飯を食べてもいいとするが、量は今までの半分以下。

 

 

所謂、プチ断食と軽い糖質制限とでも言いましょうか...。

甘いお菓子とかジュースは食べませんし、飲みません。

完全にシャットアウトする必要はないのですが、不思議と手が出ないですね。

甘い物を食べるときも少しだけを食事の時に合わせるようにした方がいいと思います。

 

最初、朝食がコーヒーだけというのはとても辛いのではないかと思ったのですが、

確かに空腹にはなりますが、意外とできるものです。

空腹感を感じることは重要らしいですよ。

 

確かにダイエットをする前は、空腹を感じる前に食事をしていたような気が

します。夕飯も食べられるだけ食べていたような...。

 

太る原因は”インシュリン”で、ポイントはインシュリンが出るときと出ないときを

作る、要するに食べるときと食べないときのメリハリを作ることが大切らしいです。

ですから、少量を回数多く摂るなんてのはいけないみたいです。

何を食べるかにもよると思いますが、インシュリンの分泌にメリハリがなく、いつも

インシュリンが出ている状態になってしまいます。

 

カロリーはあまり気にしていません。糖質を気にする代わりにカロリーは気にしないで

食べています。

これも「トロント最高の医師が教える世界最新の太らないカラダ」に書かれていました。

 

ちなみに糖質摂取量は1日100~150gを目安にしています。アバウト!

 

ちなみにお酒は普通に飲んでいます。飲みすぎない程度に普通です。

 

右肩下がりに体重減少

それでは1ヵ月間の体重、BMI、体脂肪率の変化をグラフに表しましたので、

掲載します。

 

 

1ヵ月で4.0kg

急すぎますか?

体調が悪くなったりはしていないので、自分としては大丈夫だと思っています。

この調子で減っていき、あるところで落ち着くんでしょうかね~

 

ダイエットを考えていらっしゃる方には、こちらの本の購読をお勧めします。

今までの考えが変わると思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内臓脂肪がストンと落ちる食事術 [ 江部 康二 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/9/23時点)

 

運動は太る太らないにあまり関係がないみたいです!

当然ですが、ジムに通ったりはしていません。

食べることだけ意識して変えているだけです。

体調もいたって良好!

 

え!って思いますよね。

読んでみると今までの情報が?と思えるようになると思います。

いろいろな実験や統計を根拠に説明されているので理解できるはずです。

 

今回、自分でやってみて結果も出ています。

しばらく続けていき、目標の60kgまでどこまで近づけられるか、

機会を見ながらブログにアップしていきますので、お楽しみに。