アラフィフの習い事

皆さんは趣味をお持ちですか?
そしてそれは年をとってからも続けられるものでしょうか。

今年、私は趣味を一つ増やすべくレザークラフトにチャレンジしています。

しかも教室に通うのではなく、気楽にできる定期購読シリーズで。

今や各社からいろいろなものが刊行されていますが、いったいどのくらいの期間でどのくらいの費用になるのかがよくわからず、なかなか手が出せないということもあるのではないでしょうか。

私も以前から何回か気になったものもあったのですが、初刊こそ安いものの2号以降から正規単価になって2,000円程度と結構な値段がするようになるのでなかなか手が出ませんでした。

今回は、私のはじめたレザークラフトを例にどの程度の期間と費用がかかるのか、紹介したいと思います。

はじめてのレザークラフト

私がはじめたものは、アシェットから発売されている

はじめてのレザークラフト」です。

創刊号は2019年1月30日発売。創刊号特別価格 499円(税込み)です。(写真は第8号)

写真にあるようないろいろな道具が小出しに同梱されてきます。

定期購読を申し込むと

ツールラックなどの特典がもらえます。

 

プレミアム定期購読というものを選らぶとヌメ革セットが5回送られるようです。ただし4号以降200円追加になります。

※後述しますが4号以降というのは4号からのこり100号までの97回を増額となり、そのプラス分19,400円でヌメ革セットを購入する計算になります。

購読期間は?

隔週で少しずつ小出しに…..

ということですが、購読期間はというと。

100号までの予定。

つまり、単純に考えて1年で53週、隔週で半分ということは年間26回

ということは4年弱!?

最終刊は2022年の11月末くらいでしょうか。

(゜o゜;) 長い!!!

一挙に続けれるか自信がなくなってきた……。

総額はいくら?

さて、この「はじめてのレザークラフト」。

100号まで1回もかかさず購入したら、いったいいくらになるでしょうか。

 

初回・・・・・・・499円

2号・・・・・1,199円

3号以降・・・1,999円

ということは…

全100回で197,600円!!!

これって高いのでしょうか。

正直なところよくわかりません。

各号に添付されていくる道具類を見ると2,000円/各回は高いような気もしますし、習い事と考えてレザークラフトが4,000円/月程度でできると思えば妥当かなとも思えます。

まとめ

100号までに何を製作していくかをアシェットのよくあるご質問で調べてみると、

1~3号 パスケース

2~29号 ショルダーバッグ

27~51号 長財布

46~75号 手帳カバー

72~100号 トートバッグ

となっています。

微妙に被せてあるのが作戦ですね。

 

私は長財布を作ってみたかったのですが、おそらく作るための道具などはそれよりも前に発行された号に付属しているでしょうから、途中からやってみようと思っても道具類はカバーできないということになってくると思います。

となると最初からやるしかないですね。もっともいろいろなものを作ってみてマスターできるテクニックというのもあるでしょうし…。

全100号、期間にして4年弱。

とても長丁場ですが、ゆっくりマイペースで取り組めてレザークラフトがマスターできるとしたらいいのかな…って思います。

全部で20万円!って考えてしまうと、高いなあって感じですけどね。

 

これで老後の趣味ができて、さらには売ることもできるほど上達すれば、実益も兼ねることができて一石二鳥ですね。

がんばります。