今の仕事がつまらない!ちょっと立ち止まって考えてみたら?

 

皆さんは毎日楽しく生活できていますか?

毎日の仕事はやりがいや働きがいがあって充実していますか?

生活の糧を得るために、社会に出てから大半の時間を仕事に費やしていると思いますが、

その時間….つまらないものだったらどうでしょう!?

 

私は正直、今悩んでいます。

はっきり言って、今の仕事にやりがいを全く感じていない。

でも、家族を養っていかなくてはならないのですぐに今の仕事を捨てられない。

単に勇気がないだけなのか….

ちょっと考えてみました。

 

仕事に費やす時間はいったいどれくらい?

サラリーマンのように就職してから定年まで働くとして、生涯いったいどらい人生の時間を

仕事に費やしているか考えてみたことはあるでしょうか?

実質的な会社の拘束時間を試算してみた!

サラリーマンで考えるとだいたいこんな感じになります。

  労働年数 総日数 総時間 労働日 拘束時間 余暇 睡眠
  (年) (日) (H) (日) (H) (H) (H)
高卒 41 14,965 359,160 9,840 127,920 141,450 89,790
大卒 37 13,505 324,120 8,880 115,440 127,650 81,030

※計算の前提(便宜上)

  • 高卒は19歳から、大卒は23歳から60歳の定年まで。
  • 1年365日、うるう年は省略。
  • 年間労働日数 240日
  • 1日あたりの労働時間は8Hで残業なしと仮定。
  • 仕事への支度、準備、通勤、昼休みを拘束時間とした。(労働時間+5H)
  • 労働日の余暇は18時~23時、休日は睡眠時間以外すべて。
  • 睡眠時間は23時から翌5時までの6時間。

 

おおよそ3分の1の時間、起きている時間のほぼ半分を会社に拘束されています。労働日に限って言えば、起きている時間の70%は拘束されています。

残業をしている場合は増えますし、ブラック企業で働いていたらさらに増えることに。

もっともブラック企業で40年も働ける人はいないでしょう。

 

こんな膨大な時間、働き甲斐もなく充実していないとしたら、人生つまらないものになってしまいますよね。

 何とかしないと…..。

 

時間に対して考えるようになったきっかけ

そもそも私が最近、時間に関してあれこれ考えるようになったのは、ある

きっかけがあります。

私は昨年の6月、不整脈治療のためカテーテルアブレーションという心臓手術を受けました。

リスクのある手術なので、病室のベッドの上で 、私も自分の人生について考えました。

これでいいのかな…このままでいいのかな…  って。

ひょっとしたら死ぬかもしれない、うまくいったとしても自分の時間はあと

どれだけあるのか?

そんなことを考えると自分の時間をもっと大切に使わないといけないと思いました。

そこで思いを馳せたのが今の会社での仕事。

ここで細かくは書きませんが、強迫性障害のような会社の経営監視とそれにともなう組織風土の変化、社員の意識の劣化、給料の上げ止まりなど、やりがいや働き甲斐がまったく感じられなくなっています。

「いや、そんなの甘えだよ」って言う人もいるとは思いますが、

そういう人はそれで。

生活の糧を得ることができてはいるものの、このままだとつまらない人生になると思っています。

ではどうしようかと。

 

何をやるか

自分の時間を納得がいく形にするために何をするか考えてみます。

休職(逃げるが勝ち)

休む!

とにかく今の仕事から逃げる。その間に別の道を探す。

休職の場合、何かしらの救済措置 (共済会から給与分の補填とか) があれば、それらをしっかり利用して時間を作りましょう。

別の道を歩む準備ができるはず。

嫌だ!嫌だ!と鬱屈としながら、無理して仕事をして週末を待つような生活をしていると

心を病んで心療内科のお世話になることになります。

現に私の勤める会社では何人もいます。

が、会社はその人の配置変えをしても、その原因をつぶそうとはしません。

歯車の交換だけ…。

そんなところに戻ってもたかが知れてますね。

 

 

副業

最近は副業を認める会社も増えてきたようです。

政府では働き方改革を提唱していますが、その働き方改革の一環として社員が副業を行うと起業家精神やさまざまなスキルの養成が期待できるとか。

にわかに信じがたいですけどね。

また優秀な人材ほど副業のチャンスも多く副業を禁止すると人材確保が難しくなるなどから、企業は副業を容認/解禁しはじめているそう。


企業は”副業”を餌に人材をつなぎとめたいだけだろ。

さらに、政府も副業の解禁で新たな発想による起業が経済全体を活性化させるとして、2016年12月に副業を「原則容認」すると発表し、副業解禁への流れが強くなりました。

 

御上も言っていますし、今後終身雇用自体が崩れていくことが想定されるので、その対策として、

副業をするというのはありだと思います。

 

転職

自分が楽しいと思える仕事があるのであれば、躊躇することなく転職するのが一番です!

ストレスを感じていたらなおさら。

 

結局どうなのよ!

自分の納得がいくことが最重要。

だって自分の人生だし。

会社のために自分の人生を捧げますか?

そんなことをいう奇特な方はいるのでしょうか。

会社に入って、与えられた仕事をして、自分の努力に見合ったものかもわからない給料をもらって。

まるで会社のための人生、会社に生かされている。

私はそんなの嫌です。

 

なので、現在会社を辞めて転職する準備中。

定年を待たずに辞めることが、今の会社では勝ち組だとすら思っています。

 

私も一家の大黒柱です。家族を路頭に迷わすわけにはいきませんが、

毎日つまらない仕事に嫌々向かうゾンビみたいなお父さんが家にいるより、

毎日生き生きとしたお父さんが家にいるほうが家族に対してもいいと思います。

子どもへの影響もその方がきっといいですよね。