ダイエット中の水分のとり方

 

 

私たちが生きていくためには水分はかかせません。

ダイエットをしていてもそれはゆるぎない事実。

 

「水を飲むと痩せる!」と言う人もいれば「水分を多くとると太る!」という人もいます。

混乱してしまいそうですね。

 

この記事では水の役割と水分の取り方について簡単に解説しますので参考にしていただければと思います。

この記事でわかること

水の役割

ダイエット中の水分の取り方

 

水はなぜ必要なのか

まず最初に、どうして水が必要なのか、水が不足するとどうなるのかを説明します。

「そんなのわかってるよ」という声が聞こえてきそうですが、復習としてご覧ください。

 

学校の理科や保健体育の授業で、

「私たちの体の大半は水分でできています。」

と習いませんでしたか?

 

実際に成人では体の約60~70%を水が占めています。

 

水は、ただ体の中にとどまっているわけではなく、血液として体の中を循環して体の隅々に酸素や栄養を運びますし、細胞の間を行き来しています。さらには汗として皮膚表面から蒸発していったり、尿として体外に排泄されたりします

 

体から出ていった水は、飲み物や食べ物から摂取することにより補われて体内の水分量は一定に保たれています。

 

一方、体の中の水分が少なくなった状態を「脱水状態」といいます。

皆さんすでにご存じの通り、熱中症の原因になりますし、水分の少なくなった血液は血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となってしまいます。

夏の暑い時期はよく話題になりますね。

また、ダイエット中は運動をする方が多いと思いますが、汗をかけば体から水分が抜けていきますので、水分を補う必要があります。

体にとってとても重要であることは言うまでもないでしょう。

 

別の側面では、水分は空腹感を和らげたり代謝を良くするという役割もあります。

しかし一度に吸収できる量は限られていますので、多くとれば良いというわけでもありません。

成人の1日に必要な水分補給量は1.5Lと言われていますが、食事の内容や運動量、汗のかき方などにもよるので、調整は必要ですね。

 

「水を飲むだけでも太るのか」気になる水太り

真夏の暑い日、冷たい水をガブガブ飲むと太った気になってしまう方、いると思います。

 

ご存知の通り、水にはカロリーも糖質もありません。

なので、基本的には水のとりすぎで太ることはありません。

 

ただ、体内の塩分濃度が高くなると体の中の浸透圧を一定に保つため、水分を溜め込もうと働きます。そのため、尿の量が減り、結果体内の水分量が増加してもとの状態に戻ります。

塩分の多い食べ物が好きな方は注意した方がいいようです。

 

「水を飲みすぎたから太った」ということはなさそうですね。

 

一方で水分と言っても、糖分が多く含まれるジュースやスポーツ飲料を摂取すると、糖質があるのでたくさん飲めば太る原因になります。何を飲むかに注意が必要です。

 

正しい水分補給のしかたは?

水分は一度に飲めばいいというものではありません。1度に吸収できる水分量には限界があるので、多く飲んでもすぐに排出される量が多くなるだけです。

よって、効率的に補給するには1日の中で数回に分けてこまめに摂る方がいいです。

おススメの水分補給のタイミングは、

 

  • 朝起きたらコップ1杯。
  • 仕事などの日中の活動中は1~2時間おきに少しずつ。
  • お風呂に入る前と入った後にコップ1杯。
  • 夜寝る前にコップ1杯。
  • その他  スポーツ(前、中、後)や汗をかいたときは随時。

 

 

知らない間になる脱水に注意

真夏の炎天下やエアコンのない部屋での滞在など、激しい水分不足は熱中症の危険因子としてよく知られていますが、短時間の激しい脱水以外にも長時間にわたってゆっくり起こる脱水状態にも注意がひつようです。

 

「喉が渇いたな」と感じたときには、もうすでに水分不足が始まっています。

渇きを感じる前に、意識してこまめな水分補給を行いましょう。

 

食事中にも水をこまめに飲むと、少ない食事量でも満足感を得られるのでダイエットにも効果的です。

 

 

アルコールに注意!

アルコール類は液体ではありますが、水分とは考えない方がいいです。

なぜかというとアルコールには脱水作用があるからです。

お酒を飲むとき、そして飲んだ後はしっかり水分補給をした方がいいですよ。

 

お酒を飲むときは、横に水を用意して水を飲みながらお酒を飲むという飲み方にすると、脱水防止だけではなく飲みすぎ防止にもなりますよ。

 

飲み物は冷やしすぎない。できれば常温!

運動してダイエットをしている場合、汗をかいたあとなどは冷たい飲み物を飲みたくなりますよね。

ちょっと注意!

キンキンに冷えた飲み物を急に飲むと体を内側から冷やしてしまいます。

体温が高い方が体の代謝は上がりますので、ダイエット中は体を冷やさないようにしたほうがいいですね。常温で飲むのがおすすめです。

 

カフェイン入りは控えめに

カフェインが入っているコーヒーやお茶は利尿作用がありますので、控えめにした方がいいと思います。水分を補給しているつもりが、排出の方が多くなってしまっては意味がありません。運動中の水分補給は水やノンカフェインのものにしましょう。

 

糖質や糖類のあるものはご法度

水分といえども、ジュースなどの糖質や糖類が入っているものはダイエットには向きません。さらに、カロリーゼロと謳った人工甘味料入りの飲料もやめておきましょう。

そもそもダイエットが目的ならば、甘い飲み物は飲まないですよね!

 

最後に

水分補給はダイエットだけでなく健康維持にも重要ですが、自分は足りていると思っていても、実は全く水分が足りていない人もたくさんいます。

運動によるダイエットをしている方は汗をかいて水分が失われることが多いので、喉が乾く前に水分補給することを心掛けた方がいいですね。

 

水分補給を適切な量、適切な時に行って、健康的なダイエットをしていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

お水はもう買わない!自宅で造るおいしいお水【ウォータースタンド】

 

☟ 応援お願いします。


ダイエットランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村