水ダイエットの強い味方!お勧めのウォーターサーバーはこれ!

最近、水ダイエットをする方も結構いるみたいですね。

水ダイエットは気楽にできるので、とっつきやすいのかもしれません。気楽にできるうえに継続しやすいのも魅力の一つと言えるでしょう。

そんな水ダイエットの強い味方になるのがウォーターサーバー。ダイエットに限らず日常の生活にウォーターサーバーを取り入れている人も増えているようです。

この記事では、水ダイエットの考え方・やり方とウォーターサーバーの特徴について簡単に説明し、なぜウォーターサーバーがおススメなのかその理由について解説いたします。

水ダイエットをしなくとも、いつも美味しい水を飲めるということは嬉しいですよね。

ダイエットに限らず、日常生活での水の利用といった観点でもご覧いただければ幸いです。

朗報! ただいまウォータースタンドでキャンペーン実施中!(~7月31日まで)

水ダイエットのやり方

水ダイエットは、水そのものでダイエット効果を期待する方法ではありません。

水をしっかり摂取することで水不足を解消し、体の基礎代謝アップ、食欲の抑制、便秘の改善などによって、体の状態を整え、その結果ダイエット効果を得ようとするものです。

最初に水ダイエットのやり方について簡単に説明します。


ポイントは2つ。

水はこまめに飲む

水ダイエットでは、1日に飲む水の量は2リットルと言われます。

それだけの水の量を1回で飲み干すわけではありません。

また単純に水をガブガブ飲めばいいというものではありません。

水は何回かに分けて、こまめに飲むようにします。

↓ 飲むタイミングはこちら

  • 朝起きてすぐ。
  • 食事の30分くらい前。
  • お風呂に入る前と出たあと。
  • 寝る前

※1回に飲む量の目安としてはコップ1杯程度。

運動する場合は、運動の前後と運動中にも飲みましょう。

温度は常温

運動をして汗をかいたときは冷たい水を飲みたくなるものですが、冷たい水をたくさん飲むと内臓に負担がかかってしまいます。最悪、お腹をこわしてしまうことも考えられますね。

お腹への負担を減らすためにも、水の温度は”常温”がおすすめです。

冬など寒い季節は白湯を飲むのもいいですね。

水ダイエットは水そのものでダイエット効果を期待するものではなく、水をしっかり摂取することで水不足を解消し、体の基礎代謝アップ、食欲の抑制、便秘の改善などにより体の状態を整えることでダイエット効果を得ようとするものです。

ウォーターサーバーが水ダイエットの強い味方の理由

では、なぜ水ダイエットするならウォーターサーバーが良いのでしょうか。
ウォーターサーバーの特徴からその理由について考えていきましょう。

利便性がいい

まず第一に利便性があります。

ウォーターサーバーの特徴は、

  1. すぐにお湯が使える! お茶やコーヒーを飲みたいと思ったときにすぐにお湯が使えます。
    ポットいらず。朝の忙しいときなどとても便利!!  
  2. 冷たい水がすぐ飲める! あらかじめ冷蔵庫で冷やしておかなくても冷水が飲めます。
    暑い夏、冷蔵庫に水をたくさん冷やしておかなくてもOK!  

何といっても最大の特徴は冷たい水お湯もすぐに使えるということ。

常温の水が飲みたければ常温を。
白湯が飲みたければ、お湯と冷水を混ぜればすぐに用意できます。

あらかじめお湯を沸かしておいたり、冷蔵庫で冷やしておいたりしなくていいんです。

お茶やコーヒーを飲みたいときもすぐに入れることができます。

水質が良い

そして水質。

最近では、水道の水も水質が良いと聞きますが、浄水場の水は塩素が含まれていますし、最近は水道管の老朽化による管内の腐食も気になるところです。

その点、ウォーターサーバーで飲むことのできる水は、逆浸透膜(RO膜)を使ったものや静電吸着タイプの浄水を行うものなど、いずれも高い浄化能力で綺麗な水が作られているので、質の良い水を利用できます。  

毎日飲む飲料水。コーヒーやお茶の味にこだわりがある方ににもおススメできます。

実際に使ってみた!

私の家庭で実際に使用したウォーターサーバーを例に、ウォーターサーバーのタイプによるメリット・デメリットについて説明します。

我が家では2つのタイプのウォーターサーバーを使用しました。

初代は、クリクラのボトル交換式ウォーターサーバー。

そして2代目は現在でも使用しているウォータースタンドの水道直結式ウォーターサーバーです。

ウォータースタンド ナノラピアネオ

それでは、タイプによる違いとメリット・デメリットについてみていきます。

ウォーターサーバーのタイプ別の特徴とメリット・デメリット

それではボトル交換式と水道直結式の特徴を比較してみます。
(※我が家で使用したクリクラとウォータースタンドの比較です)

ボトル交換式(クリクラ 水道直結式(ウォータースタンド)
浄水方式逆浸透膜(RO) 静電吸着式フィルター
サーバーレンタル代無料 4,378円/月(税込)
ボトル代1,460円/1本(12L)税込なし
メンテナンス1回/年2回/年 ※フィルター交換含む
メンテナンス費用460円/月(税込)サーバーレンタル代に含む

次に私が考えるそれぞれのタイプのメリットとデメリットを比較します。

ボトル交換式(クリクラ)水道直結式(ウォータースタンド)
メリット・使った分に応じて費用発生(12Lごと)。
・予備があれば、災害時に活用できる

水の残量を気にしないで使用できる
・ランニングコストが安い。
ボトル交換不要
ボトルの置き場所不要
・メンテが年2回。
デメリット力仕事であるボトル交換が12Lおきに発生。
・予備のタンクや空のタンクの置き場が必要
・宅配の受け渡しがある。
・災害時、停電になると使用できなくなる

どちらも一長一短あるようですね。

どのタイプを選択するかは、各ご家庭で何を重視するかでタイプが分かれると思います。

例えば、ボトル交換タイプでは天然水を提供しているところもあるようなので、コーヒーやお茶の味にこだわる方にはそちらも選択肢に入ってくると思います。

  例)サントリーの天然水 1,350円/7.8Lでちょっとお高め。  

ボトル交換タイプの場合、ボトルの配送サイクルを家庭の使用量などに応じて1週間に1回とか2週間に1回にボトル〇本と決めます。

ボトルを置いておくスペースや配達頻度を考えて決めるのですが、予備のタンクや空のタンクを置くスペースがどうしても必要になるので、そこが私にはちょっとネックでした。

その点、水道直結式はサーバー本体の場所だけなので、場所もとらず気分的にもスッキリです。  

ランニングコストは?

我が家ではだいたい12Lのボトルを1ヵ月に5本消費していました。 (大人2名、子ども1人)

その条件で費用面の比較をしてみます。

1ヵ月の水の消費量を60Lとします。

ボトル交換式(クリクラ)水道直結式(ウォータースタンド)
水の料金(60L)1,460円(1本)×5=7,300円(60L)   ※218.9円(1㎥)家庭で使う水道料金による。
※1㎥=1000L
サーバーレンタル代 なし4,378円
合計7,300円4,597円
※水道直結式の場合、水の料金は家庭で支払う水道料金の一部になります。

水道の基本料金は、ウォーターサーバーを置こうが置くまいが水道を使うことでかかってきますので、どちらも費用に含めていません。  

この表を見てもわかるように、合計金額を考えると水道直結式の方が安いので、我が家では利便性も含めタンク交換タイプから水道直結式のものに変更しました。  

水なら、コンビニやスーパーで売っているペットボトルのミネラルウォータでもいいんじゃない?

確かにミネラルウォーターは安く買うことができます。

私の家の近所のスーパーでは、サントリーの南アルプスの天然水が2Lのペットボトル6本で678円(税込)で買えます。つまり12Lで678円。1ヵ月で考えても2Lのペットボトル6本入りの箱を5回買えばいいだけなので、3,390円/月になります。

ウォーターサーバーと比較して、金額的にはペットボトルを利用する方が一番安いと言えます。まめにスーパーに買いにいく。お湯を沸かす。ペットボトルを冷蔵庫に入れて冷やすなどの手間も含めて考えて、どうするか決めればいいと思います。

まとめ

私のお勧めは、

  1. とにかく水質重視派・・・ボトル交換タイプ
  2. ランニングコスト重視派・・・水道直結式

です。

1ヵ月にボトルを4本使う家庭は水道直結式に変えるとコストメリットが出てきそうです。

一方、金額最重視ということであれば、水ダイエット用にペットボトルの水を買うことも選択肢として考えられます。

最終的に我が家では、替えのボトルの置き場を考えたり、交換の手間を考えなくて良いことから、水道直結式のウォータースタンドのウォーターサーバーに落ち着きました。

良い水ということではペットボトルのミネラルウォーターを買うということも考えられるのですが、すぐにお湯や冷水を利用できるできるという利便性を優先し、ウォーターサーバーを利用し続けています。

ご家庭で水に何を求めるか、ご家族の価値観によってもどのタイプにするか変わってくると思いますので、よくお考えになって決めた方がいいでしょう。  

また、私の場合はボトル交換式も水道直結式もそれぞれ一つのメーカーとしか契約したことはありません。 他のメーカーも比較してみるともっと良い条件でウォーターサーバーを導入できるかもしれません。 私のケースはほんの一例としてください。

ウォータースタンドは”長得プラン”というものがあって、長期使用が前提ならば長得プランへの登録料11,000円を支払うと毎月のレンタル代が3,500円に割引になります。 22ヵ月以上続けて使用すれば、さらにメリットが出てきます。私もこのプランにしています。  

必ずもらえる夏得キャンペーン中のウォータースタンドはこちら →

 同じメーカーでもサーバーの種類やプランもいろいろありますので、ご自分のライフスタイルに合わせてご検討くださいね。

分からない点は遠慮なくメーカーに問い合わせてみるといいと思います。  

安心で美味しい水。ダイエットにも日常生活にも重要ですよね。

ダイエット中の水分のとり方

朗報!!

水道直結式のウォーターサーバーはメリットが沢山【ウォータースタンド】

今なら下記の3種類の中から必ずもらえる!キャンペーン実施中

2021.06.11▶2021.0731

  1. ソーダストリームスターターキット
  2. カタログギフト
  3. 他社の解約違約金負担(最大10,000円分まで