夏バテかも!?夏バテしたときの解消法

これって夏バテ?

夏も後半になってくると、体が疲労してきます。

規則正しく生活していても、結構負担がかかっているはず。

こんな症状を感じていませんか?

①疲労感・・・疲れることをしていないのになぜか疲れている。そしてだるい。

②食欲がない・・・いつもは美味しそうと思えるものも食べたいと思えない。

 

夏バテかもしれませんね。

そう感じたら早めに夏バテを解消しましょう。

 

 

夏バテ解消法

ざっくりですが、自分で意識している夏バテ解消法を記します。

 

①エアコンの温度を上げる。

 エアコンの温度設定が低すぎませんか?いつもの温度設定は何℃でしょう。

 あまり下げすぎると、エアコンのかかった部屋から出たときのヒートショック(冬と逆の)

 が大きくなります。体は温度調節しようと大忙し。負担がかかりますよね。

 

 自律神経の失調にもつながるようなので注意が必要です。

 27℃~28℃くらいにしておいた方がいいと思います。

 また、夕方や夜、夕立の後など外が涼しくなったなと思ったら、エアコンをきって窓を

 開けるようにするといいと思います。

 

②冷たい飲み物や冷たい食事を控え、暖かいものを摂る

 夏は、飲み物と言えば冷たい清涼飲料やかき氷やアイス、食事と言えば冷たい冷やし中華や

 そうめん、そしておかずも暖かくないものばかりになっていないでしょうか。

 冷たいものばかりだと、胃腸もくたびれてしまいます。

 冷たい飲み物は控え、暖かいものを摂るようにした方がベターです。

 ビタミンB1を多く含む豚肉やうなぎを食べるといいみたいです。

 甘酒もいいですね。飲む点滴。

 

③睡眠を充分にとる

 いつでも睡眠不足は体の疲れが取れなくて良くないです。

 夏は体そのものの疲労だけでなく、暑さに対する精神的なストレスも加わります。

 エアコンをかける場合は27~28℃程度に。下げすぎると翌朝体が痛くなることがあります。

 夜、外が涼しいと思えるときは、エアコンを止めて窓を開けて寝る方が、翌朝の体の感じが違う

 と思います。

 調子が今一つのときは、早寝をして睡眠時間を確保しましょう。

 

④湯船に浸かる。

 夏場は暑いので、日頃の入浴はシャワーになりがちです。

 体温が下がるときに眠くなるので寝つきを良くする意味でも、湯船に浸かった方がいいです。

 

 

体調を整えながら夏を乗りきろう

日頃から上記のようなことを意識して生活していれば、ひどい夏バテはしないと思います。

とても暑い夏ですが、たまには汗をかくことも必要です。汗をかけなくなると体温の調節が

できにくくなるので、逆に熱中症もおこりやすくなります。

日頃から適度な運動をして体力をつけておくこと、エアコンにたより過ぎないことが大切と

考えます。

 

アイスや冷たい飲み物、暑いときほど美味しいですよね。

でも、ほどほどにしないとつらい思いをしてしまいますのでご注意を!