まっしーのカテーテルアブレーション体験記(経緯)

このページでは、2018年中に不整脈が悪化してから手術を受け、年末の状況に至るまでを簡単に時系列で並べてみます。おおよその治療の日程イメージがつかめると思います。

これまでの経緯

3月

 ・初旬から期外収縮が出始め、日に日に回数が増加。脈もバラバラになり自

  覚する症状も今までと違う感じがした。(胸のモヤモヤ感だけでなくみぞ

  おち当たりの不快感もしてきた)

 ・行きつけの循環器専門のクリニックを受診。検査の結果、昨年よりもひど

  くなっていることが判明。

  発作性心房細動とわかりカテーテルアブレーションを勧められる。

 

4月

  ・2週間の検討期間ののち、カテーテルアブレーションを受けることを決

   意。群馬県立心臓血管センターへ紹介状を書いてもらう。予約の結果、

   5月7日に受診が決定。

 

5月

  ・群馬県立心臓血管センターでの検査、診察でカテーテルアブレーション 

   の実施決定。即日、入院・手術の日程を決定(入院6月19日、手術

   6月20日、退院6月22日)

   その日のうちに入院の説明を受ける。手術まではプロノンの服用を

   継続。入院1週間前からリクシアナを服用するよう指示を受ける。

 

6月

  ・6月12日 リクシアナ服用開始。服用後、薬の影響としての体感は

   なし。

  ・6月19日 予定通り入院。心電図、経食道心エコー検査、心臓CT検査

   実施。

  ・6月20日 8時45分ころ手術室へ。9時からアブレーション実施。

   12時半過ぎに病室へ戻る。朝ご飯抜き。お昼は14時頃。食べたあと

   に気持ち悪くなった。そのおかげで夕飯は食べられず。20時半までは

   身動き禁止。夜に2回ほど期外収縮。

  ・6月21日 心電図、心エコー検査。脈は早めだが洞調律

  ・6月22日 退院。自分で運転して帰宅。

  ・足の付け根の傷の部分(内部)にコリコリしたしこりができる。

  (1ヵ月程度で消失)

 

7月

  ・手術から1ヵ月後、プロノン服用終了。

  ・期外収縮が気になる日あり。

  ・7月31日 術後1ヵ月の検査・診察。問題はなし。期外収縮が出るこ

   ともある、拍が早いのもじきに落ち着いてくると言われた。

  ・禁酒継続。

 

8月

  ・夏休みの旅行はなし。

  ・お盆休み中、2日ほど期外収縮が気になる。今までに経験のない二段脈、

   三段脈のような出方あり。クリニックの医師からは治ってきているから

   大丈夫と言われた。

  ・禁酒継続。

 

9月

  ・9月18日 群馬県立心臓血管センター受診。検査の結果、異常なし。

   リクシアナ服用終了。特に問題ないので通院の必要なし。もし気になる

   ことがある場合は電話するよう告げられる。余っているプロノンは頓服

   として服用していい。

  ・飲酒再開。量は控えめ。

 

10月

  ・沖縄へ旅行。旅行期間中問題なし。

  ・中旬に1回、期外収縮が気になる日があった。それ以外は問題なし。

   余っていたプロノンを2回ほど服用。(※気になるとは、わりと頻繁に

   自覚するということ。バラバラではない。)

 

11月

  ・中旬に期外収縮が気になった日があった。プロノンはもう無いので、行

   きつけのクリニックを受診。心電図の検査では特に異常はつかまらず。

   薬もなし。

  ・クリニック受診翌日以降、期外収縮が気にならなくなった。ストレス!?

 

12月

  ・気になるような自覚症状なし。

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

私の場合、半年ぶりに調子が悪くなってかかりつけのクリニックを受診してから、手術まで3ヵ月かかりました。

群馬県立心臓血管センターには最初に行ったときに検査・診察してから、次に行ったのが1ヵ月後でその時に入院・手術だったので早かったと思います。

不整脈が出ているときは辛いですし、なんてったって心臓のことなので早い方がいいですものね。

今は、手術前の生活と変わらない生活をしています。

引き続き不整脈につながらないような行動、ものの考え方をするように心がけたいと思っています。