簡単!忙しいあなたにもできるお手軽ダイエット!【おからの巻】

 

 

ダイエットは順調ですか?

今回はおからを使ったダイエットについて紹介します。

 

おからは豆腐や豆乳をつくるときに出る大豆の搾りかすです。

おからは大豆に含まれる食物繊維がたくさん残っており、栄養豊富で健康に良い食材として昔から食されてきています。

 

栄養満点で安い。

 

健康的なダイエットをめざす人にとっておからはいいことずくめなんです。

 

なぜいいのか、どうやってダイエットに活用するのかを説明していきます。

 

この記事でわかること

おからの性質

おからに期待できるダイエット効果

ダイエットに利用する際の注意点

 

健康食としても知られる「おから」とは

 

おからは大豆から豆腐を製造する過程で、豆乳を絞った際に残るかす。日本、中国、韓国など、豆腐が存在する東アジア一帯ではなじみ深い食品である。食物繊維を多く含み、火を通して食べることが多い。

大豆から豆乳を搾った後の残りであるところから、値段はごく安価で庶民的な食品である。場合によっては豆腐屋が無料で分け与えたり、捨てたりすることが、古く江戸時代からあった。現在では食品としての需要が供給を大きく下回り、また品質の劣化が早く日持ちがしないため、家畜の飼料として一部を活用するか、脱水して保存性を高めて食品原料として供給される他は、多くが廃棄されている。(引用:Wikipedia

 

おからは日持ちがしないなどの理由で、利用する人はあまり多くないみたいですね。

確かにスーパーでも豆腐や豆乳はたくさんおいてあっても、数は少ないのではないでしょうか。

おからは栄養価も高いし、調理して食べればとても美味しい食材なのにとても勿体ないと思います。

 

最近はおからを乾燥して粉末化したおからパウダーのように、日持ちする加工が施された商品も販売されるようになったので、以前に比べて扱いやすくなっています。

実際に食事や飲み物にふりかけるだけのような食べ方もできますので、かなりお手軽ですよね。

ダイエットに活用できる食材として、すでにダイエッターには広く知られたおからですが、どんな特徴があってダイエットに向いているのか整理してみたいと思います。

 

栄養豊富な「おから」

 

まずおからの栄養成分をみてみましょう。

おからの栄養成分表(100g当たり)

  おから(生) おから(乾燥)
エネルギー 363kcal 1,377kcal
炭水化物 13.8g 52.3g
 食物繊維 11.5g 43.6g
脂肪 3.6g 13.6g
タンパク質 6.1g 23.1g
ビタミンB1 0.11mg 0.42mg
ビタミンB2 0.03mg 0.11mg
ナイアシン(B3) 0.2mg 0.8mg
パントテン酸(B5) 0.31mg 1.18mg
ビタミンB6 0.06mg 0.23mg
葉酸(B9) 14µg 53µg
ビタミンE 0.4mg 1.5mg
ビタミンK 8µg 30µg
ナトリウム 5mg 19mg
カリウム 350mg 1,300
カルシウム 81mg 310mg
1.3mg 4.9mg
亜鉛 0.6mg 2.3mg

※日本食品標準成分表(八訂)より抜粋

 

おからの栄養成分比較

  おから(生) おから(乾燥) 焼き芋 ご飯 そば パスタ
  50g 大さじ2杯  (10g) 1本  300g 1杯   140g 1人前  200g 1人前   220g
エネルギー 181kcal 138kcal 453kcal 218kcal 260kcal 330kcal
炭水化物 6.9g 5.3g 117g 51.9g 52g 70.8g
 食物繊維 5.8g 4.4g 10.5g 2.1g 5.8g 6.6g
脂肪 1.8g 1.4g 0.6g 0.4g 2g 2g
タンパク質 3g 2.3g 4.2g 3.5g 9.6g 12.8g

※日本食品標準成分表を用い、それぞれ1回の食事で食べる量(1人前)を想定し算出。

  • エネルギー

おからのエネルギーは、主食であるご飯、そばやパスタなどと比べてもカロリーは低いです。

食品のカロリーを気にされる方にも良い食材ではないでしょうか。

 

  • 食物繊維

おからは食物繊維が豊富です。他の食べ物と比べても多い部類に入ります。

ご飯などに比べて炭水化物が少なく、炭水化物に占める食物繊維の割合が高いので糖質が少ないということが言えます。

 

  • その他の栄養素

 

おからは大豆の搾りかす。

つまり、おからにも大豆特有の栄養素が含まれています。

 

  • 大豆イソフラボン
  • 大豆タンパク質
  • 大豆サポニン
  • 大豆レシチン

 

それぞれ脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果や、脂肪燃焼効果が期待されています。

エネルギーは控えめ、食物繊維が豊富。そして脂肪燃焼効果が期待できる栄養素も含んでいる。

まさにダイエットに取り組む人向けの食材と言えますね。

 

 

おからに期待される効果

 

  • 食べすぎ防止

おからは水分を吸ってお腹の中で膨らみかさが増すので、早く満腹感を得られるようになるので食べすぎを予防できます。

 

  • 腸内環境改善、便秘改善

おからに含まれる食物繊維のほとんどが不溶性食物繊維で、水に溶けず便の

かさが増えて腸壁を刺激し便の排出を促します。また腸内細菌のエサとなり善玉菌が増えて腸内環境を整える働きもあります。

 

  • 血糖値上昇の抑制

おからは糖質の割合が低いことに加え、食物繊維は糖の吸収を穏やかにする働きのおかげで、食事による急な血糖値上昇を予防することができます。

 

おかだダイエットのポイントとコツ

 

ポイント

  • おからが入った料理を食事の最初の方にゆっくり食べる。

おからの食物繊維がお腹の中で膨れることを利用し、おからを食事の初めの方で食べることで早く満腹感が得られるようにします。

コツはゆっくり食べること。

もともと早食いは太るもととも言われますが、ゆっくり食べることで食物繊維が膨れる時間をとるといいでしょう。

 

  • 1日の食物繊維の摂取量を考えて食べる量を考える。

おからを大量に食べればいいというものではありません。

おからに多く含まれる食物繊維は、もともと一日のある程度は食事の中で摂ることができます。

ただ、日本人の1日の食物繊維摂取目標量に対し、平均摂取量は不足しているということもあるので、その不足分を補うというくらいのスタンスでおからを食べるといいと思います。

 

1日あたり食物繊維の不足は6g程度と考えられるので、1日の食事の中でおからを50g追加するイメージで1日の食事に取り入れてみるといいと思います。

→ 栄養成分表へ

 

簡単!忙しいあなたにもできる”寒天”お手軽ダイエット!私の方法を紹介!

 

 

注意点

  • おからを料理するとき油を使いすぎない

おからは味が染み込みやすく調理しやすい反面、油を吸収しやすいので注意が必要です。

 

  • 水分を充分に摂る

食物繊維が豊富な食材を摂るときは、水分を充分に摂るように心がけましょう。

食物繊維は便通改善効果がある反面、摂りすぎたり水分が不足すると逆に便通を悪化させることもあるので注意が必要です

 

まとめ

 

おからは、ダイエット効果が期待できるだけでなく健康効果も期待できる優れた食材です。

栄養が豊富な食材なのに安い!

利用しないのは勿体ないです。

日持ちがしないから扱いにくいとか、料理が大変という方にはおからパウダーがお手軽でいいですね。普段食べている料理にかけたり混ぜたりするだけで、おからがもつ食物繊維の効果は得られますので、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

おからさえ食べれば痩せるというものではありませんが、その特性を良く理解して日々の食事に取り入れることで、健康的なダイエットを実現していくことができるでしょう。

脂肪燃焼効果が期待されている大豆イソフラボンなど栄養素も含まれています。

賢くおからを使って賢くダイエット!

 

 

 

 

ダイエットランキング

糖質制限ランキング

にほんブログ村 ダイエットブログへ にほんブログ村